障害のある方が、就労支援や在宅介護サービスを利用するための受給者証の申請や更新の時には、「計画相談支援」が必要です。

介護保険を利用している方には、ケアマネジャーさんがケアプランを立ててくれますが、これと同じように、障害福祉の分野でも相談支援事業所の相談支援専門員がその人がどんな暮らしをしたいのか、そのために何のサービスをどのように利用するか、ひとりひとりに応じた「サービス等利用計画(ケアプラン)」を作成することになっています。この手続きを「計画相談支援」といいます。

 

◎対象者

身体障害者・知的障害者・精神障害者・難病等対象者


◎サービスの内容

計画相談支援には、サービス利用支援と継続サービス利用支援の2つのサービスがあります。

サービス利用支援
利用者の心身の状況や環境、利用者または保護者の意向などを踏まえて「サービス等利用計画案」の作成を行います。利用が決定した際は、サービス事業者等との連絡調整、決定内容に基づく「サービス等利用計画」の作成を行います。

継続サービス利用支援
利用しているサービス等について、その内容が適切かどうか一定期間ごとに利用状況の検証を行い、「サービス等利用計画」の見直しを行います(モニタリング)。また、モニタリングの結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。



◎利用料

●無料

 

◎手続き

●市区町村に申請します。利用の決定は市区町村が行います。